肌のたるみ防ぐには

どんな人でも肌のたるみを防ぎたいと思っているのではないでしょうか。

普段からどのようなことに気を付ければ、肌のたるみを防ぐことができるのでしょうか。

たるみの最大の原因といわれているのが紫外線です。

もしも強い紫外線を肌にずっと受けていると、コラーゲンやエラスチンなどの肌の健康を保つ成分がダメージを受けてしまいます。

日焼け止めクリームやUVカット加工の施された防止などで、紫外線から肌をガードします。

肌のたるみを予防するには、強引なダイエットをしないことも大事です。

皮下脂肪がいきなく減少すると、皮膚は行き場がなくなってたるんでしまいます。

一旦減った脂肪が元にリバウンドで戻ってしまうようなら、皮膚はたるんだままになります。

太ったり痩せたりを繰り返していると、皮膚を老化させて、肌のたるみを招くので要注意です。肌の乾燥もたるみの原因になるので、普段から保湿を心がけることも、たるみを防ぐポイントです。

乾燥すると皮膚の新陳代謝が悪化し、古くなった角質がはがれ落ちにくくなります。

もしも肌が乾燥すままにしておけば、コラーゲンやエラスチンを新しく作る機能も下がり、カサカサのたるんだ皮膚になってしまいます。

肌のたるみを予防するには、むくみ解消をはかることも大事です。

むくみを放置していると、段々と皮膚の弾力性に乏しくなってしまいます。

むくみ解消効果があるマッサージなどを活用してください。

肌のたるみが出ないよう、お肌にいい食事や運動、肌のお手入れなどをしておけば肌は瑞々しい状態が保てます。


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »