肌のたるみの原因について調べてみました。

年齢を重ねるとともにどんな人でも肌のたるみが気になってきます。
肌がたるみ出すと表情の印象が暗くなり、老けた感じになってしまいます。

たるみは何が原因で現れてくるのでしょうか。
加齢と共にまぶたがたるみ、目の印象が変わります。
目の印象が変わると、顔全体が年を取って見えます。
まぶたを下から支えていた筋膜が加齢と共に弱ったために、まぶたのたるみが増えることもあります。
脂肪が減って、まぶたがたるんだりもします。
年を取って頬の筋肉が弱くなると、ほうれい線にたるみが目立つようになります。
口の周囲の脂肪が減ったり、筋肉が弱まることでたるみが増します。
あごの皮膚が垂れさがるのは、顔の筋肉の力が低下し、脂肪が垂れさがりやすくなるためです。

老けを感じる部分に首があります。
特に首はケアしている人としていない人の差がはっきりと表れる部分です。
皮膚の伸び縮みが激しい部分なので、たるみやすいといえるでしょう。

肌のたるみは、肌を支えている物質が減り、肌自身の重みで下へ落ち込んでいくことにより起こります。
肌にたるみが出来る原因に、コラーゲンやエラスチンが皮膚から失われていくこともあります。
コラーゲンやエラスチンが皮膚に存在していることで、皮膚には保水力が保たれて弾力が出て、たるみも減りますが、年を取ったり、女性ホルモンが減ったりするとその限りではありません。

年をとるにつれ、皮膚に含まれていたヒアルロン酸も減少し、脂肪も少なくなることから、皮膚が全体的に薄くなり、垂れさがりやすくなります。
年を取ると肌のたるみが増してくるのは、肌の機能が失われて、皮膚のハリやみずみずしさがなくなるためです。


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »