ローンの一本化をする前にまず注意したいのが、今残っている借り入れ金額です。

ローンの一本化というのは、すべての手続きを金融機関がしてくれるわけではありません。

まずは、今ローンを借りている会社の中から、借入枠に余裕が残っているローン会社を探し、そこを利用して借り入れ社数を減らすことから始めます。

たくさんのローン会社を少しずつ整理していって、把握できる程度の数にまとめてから、ローンを一本化します。

最終的に目指したいのは、月々のローン返済総額を無理のない額に収めることです。

だいたい、月給の20%以内に収まるように考えましょう。

無理をしてローンを一本化しても、返済が滞ってしまって最終的な返済額がふくれあがってしまったのでは逆効果なので、計画は無理なく立てる必要があります。

ローンの一本化をした場合には、融資をしてくれた金融機関から新しい融資の広告や案内を受けることも少なくありません。

ローンの一本化によって毎月の支払いに余裕ができたからといって、さらにお金を借り入れしては、意味がありません。

融資話に乗って新しくローンを組んでしまったら、ローンの返済を楽にする道が遠のいてしまいます。

金融機関であればどこであってもローンの一本化ができるというわけではないので、そこにも注意が必要です。

一本化をしてくれる金融機関がみつかったとしても、信用調査や貸し出し審査にパスする必要があります。

結果によってはローンを一本化できないかもしれません。

ローンの一本化は検討するだけでも一定のメリットがありますので、複数の金融機関からお金を借りているような場合には一度検討してみることをお勧めします。


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »