リフォームローンには、いろいろな利点があります。

リフォームローンの場合、金融会社により多少の差はありますが、融資金額は500万円までが一般的のようです。

今すでに住んでいる自宅をリフォームするためローンを組もうとする場合、その自宅に担保を設定するだけですみます。

ほとんどの場合、住宅ローンを借り入れる際には、担保を設定するほかに保証人が必要となります。

保証人を探すのはかなり大変な思いをするのが普通なので、その点から見ても、保証人をつける必要がないリフォームローンの借りやすさは際立っていると言えるでしょう。

ローンを組む際にはお金を貸してもらえるかどうかの審査がつきものですが、リフォームローンでは審査期間が短いという利点があります。

住宅ローンの場合は借り入れ金額が大きいので、ローンの審査にも時間がかかります。

散々待たされた結果、審査に通らずお金が借りられないと言う事もあります。

半面、リフォームローンの場合だと審査項目も少なく、申込みやすくなっています。

リフォームローンの貸付額は少額であるほか、すでに家という資産を持っている人がお金を借りるわけですから信用があるわけです。

住宅を新規に建てる場合とは違い、リフォームローンが必要となるような場面ではリフォームするための家がすでにあります。

このため、ローンを借りて資金的な目処さえ付けば、すぐに工事をしてもらえるという点もよい点です。

このように、住宅ローンに比べてリフォームローンは敷居が低く、利用しやすい特徴があります。


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »