リフォームローンも他のローンと同じように金利があり、ローンに付随して支払わなくてなりません。

リフォームローンの金利は、融資をお願いする金融会社によっても固定型か変動型かによっても変わってきます。

銀行系の金融会社は一般の金融会社よりも低い金利をつけているのは、通常の住宅ローンなどと同じです。

近頃は不景気で貸し出し需要も減っていますので、一般の金融会社でも金利を低く設定し、リフォームローンの利用者の裾野を広げようとしているようです。

リフォームローンを組む際には、一社だけを見ていてはいけません。

金利などを比較していくつかの候補をたてるべきです。

固定型ローンなのか変動型ローンなのかというのも大事です。

固定型は金利がずっと変わらないので、最終的にトータルでいくら払わなくてはいけないかという計算ができます。

返済計画が立てやすいのがメリットです。

変動型ローンの場合、リフォームローンで支払う金利は返済中であっても変化します。

金利が上がった婆合い、返済総額は増えてしまいます。

一方で金利が下がった場合、返済総額は減ることになります。

変動金利型にした上で金利が下がった場合、最終の返済額は当初より少なくなる可能性があります。

しかしそうならない可能性もあり、返済計画が立てにくいのです。

金利はリフォームローンの返済額に大きく影響しますので、しっかりと調べて納得してから借りるようにして下さい。


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »